埋没毛にはピーリングが効果がある

皮膚の再生を促す

埋没毛を引き起こす原因は、誤った自己処理による手法と、保湿ケアが不足していることが大きな要因だと言われています。 毛穴や皮膚に傷口やかさぶたが出来ることで、新しく伸びてきて外に出られず、皮膚の下に潜り込んでいる状態のことをここでは言います。 処理後の保湿ケアをせずに、そのまま放置している方が意外に多いようです。 肌が乾燥していると、毛穴が閉じたまま肌が硬くなります。 そして、この皮膚の下で埋没毛を作る原因となってしまうのです。 この埋没を自宅で処理する方法として、古い角質を除去するピーリング法がかなりありますので、効果があるとここでは言われています。

ピーリングとは、古い角質を取り除き、肌本来の新しい角質に取り戻すと言う意味です。 私たち人間の肌は、新陳代謝により古い皮膚は新しい細胞へと生まれ変わります。 このような古い角質層を押し上げて垢となり剥がれ落ちて行きますので、こうした新陳代謝のことをターンオーバーと業界だけでなく一般的には言います。 結局はこのターンオーバーの訪れる周期は、平均およそ28日サイクルで肌細胞はすべて生まれ変わります。 しかし、このように加齢などにより、ターンオーバーのパワーやスタミナが衰えてくると色素沈着が頻繁に起こります。 シミ・しわ・くすみ・たるみ・クマなどの原因となります。

埋没毛専用のピーリンググッズ

地道にケアしていけば効果あり

古い角質を除去し、新しい堅い肌に再生させることがピーリングです。 ここでは古い角質が邪魔をして新しく生えてきたものが外に出られない状態が埋没毛なのです。 スクラブやピーリングジェルなどでマッサージをすれば古い角質が除去されています。 ここで皮膚の外に出やすくなります。 帰宅後の入浴中に、透明な湯船に浸かり毛穴を開いた状態で、週に2~3回石鹸やジェルなどで皮膚の角質をゆっくりとこの部分を剥がし、その後は保湿ケアを欠かさずに必ず行いましょう。 即効性はありませんが、続けて行くことで埋没毛が少しずつそれが無くなるようです。 最近では、各パーツ専用のピーリングジェルも販売されています。 リセルカのピーリングジェルは、デリケートな脇専用ジェル、頑固に埋もれた腕・脚用の高級クリームがそこにはあります。 高級エステで使用されているサリチル酸やパパイン酵素をバランスよく配合し、お肌に優しく古い角質層に働きかけてくれます。 出来てしまった埋没毛をすぐに処理することは出来ませんが、毎日のケアを続けて行くことが大切ですね。


このページの先頭へ