安心して確実に治療が受けられる

なかなか取れない時には皮膚科診察へ

脱毛での脇の下の埋没毛は、自分ではあまり見えない箇所であるため、放置したまま悪化させてしまうケースも多くあり得ます。 脇毛を尖ったピンセットで自己処理される方が多いと思います。 鳥肌のボツボツが広範囲に目立ってしまうリスクが伴います。 埋没毛を引き起こす原因は、処理後に保湿ケアが不足することによって起こるようです。 これは脇毛の処理の場合、自己処理によって何度も脱毛を繰り返すことによります。 薄い脇の下の皮膚をどうしても傷つけてしまいます。 脇から生えてくる→抜く、を繰り返すうちに徐々に埋没毛が発生しやすくなりますので、この根強いタイプには、医者で処理治療してもらうのが最適な方法です。 ここで言うのは「美容皮膚科」の診察のことです。 そして肌に関する知識はもちろん、美容と言う観点からも考えている専門医がいます。 こうした肌のあらゆる悩み・コンプレックス・トラブルを最先端の医学と最小限のリスクでこれを改善して行く診療技術です。 これは最近の美容皮膚科の診察は、腫れたニキビを治すことはもちろん、シミ・シワ・毛穴の開きや黒ずみがあります。 アンチエイジング等の肌に関するトラブルの治療を行うところが増えているようです。 そのために美容クリニックと呼ばれることもあるようです。 中には、疾患には対応していないところもありますので、これらを踏まえるとすべての美容皮膚科の診察で埋没毛の治療をすることは、現状では出来ません。 そして近所のエステとは違い信頼できる専門医がいます。 ここでは安心して治療が受けられ確実にこのような悩みを解消できることで、かなりの人気があります。

美容皮膚科での診察は保険適応外

病とは違うので高くつく

埋没毛を数年も放置しておくと、表面からも黒い物らしきものが透けて見えたり、毛穴すら無くなるなどの酷い症状に悪化することがあります。 見た目の状態が酷くなると、下にしこりのようなものが出来たりします。 または化膿して手術が必要になったりと最悪なケースを招くこともあります。 重症になると中で色素沈着が残り、濃い茶系統のシミの原因になることもあります。 このように埋没毛を放置して、取り返しのつかないことに成りかねません。 早いうちに皮膚科の診察へ行くことをお奨めします。 エステや美容専門クリニックへ行くと、処置後に勧誘をされたりする恐れがあります。 美容皮膚科の治療なら専門医が適切に処置をしてくれるので安心です。 美容皮膚科の治療での埋没毛の診察や治療は、ほとんどの場合保健適応外となります。 一般外来での診察は、厚生労働省が定める疾患(湿疹、やけど等)に対し規定の診察をする際は健康保険となります。 しかし、これの美容目的の治療については「自由診療」となるため、保険適応外となります。


このページの先頭へ