埋没毛は誤った自己処理により発生する原因

正しいケアで予防

埋没毛になってしまう原因は、カミソリ、ワックスなどにより自分の処理を行うことで非常に多くできてしまいます。 体と皮膚には再生サイクルがあります。 伸びて来る前に皮膚の再生が早く、ケ穴が塞がってしまい出口のないものが皮膚の下で再生してしまうような悪いと言える状態になります。 そして、埋没毛になった人に共通をしているのは、自分の処理を誤った方法で行った結果のようです。 このようなケアを一人で行うにはそれ相当のリスクが伴うことを解ってはいるのですが気になる所です。

・エステへ行くにはお金が掛かる
・エステに抵抗がある、第三者に診られるのが恥ずかしい
・皮膚科に通院するのは時間的に余裕がない

などの理由で、お家で簡単に抜いてしまう方々が多いようです。 自分のやり方が必ずしも悪い訳ではなく、アフターケアなどが重要となります。 一人で自分でやるので一番多いのが、ケ抜き、続いて鋭いカミソリのようです。 そして身体のパーツによって審議して、アイテムを変える方法もありますね。 自分の処置で一番多いパーツは太い眉のケアではないでしょうか?。 それは、やはり、お化粧前やお風呂に入った後に、このように鏡の前で眉の手入れをされる人が、本当にかなり多いと思います。 カミソリではすぐに伸びてきてしまうので、毛抜きで1本1本抜くことをされる方々が多いでしょう。 しかし、ケ抜きによる処理後の毛穴に細菌が入りやすくなりますから、こういったカミソリでは傷がつく可能性が高く、傷口から菌が入り可能することもあります。 傷口を作ってしまうことで瘡蓋が出来、毛穴が塞がります。 厚い皮膚の下で埋もれてしまうことになります。 また、毛抜きやカミソリで上手く処理できなかったものが途中で切れることです。 ういった埋没毛が発生する原因となるのです。 埋没毛は放置するとボツボツと黒くなり、毛穴を無駄に拡げる原因になります。

サラ金の審査

家庭用脱毛器は埋没毛の原因になりやすい?

家庭用脱毛器選びは慎重に

自宅でできる処理には、市販の脱毛器を使用する方法もありますね。 ソイエという家庭用器により埋没毛が発生したという口コミが多いようですが、原因はいったいなんでしょう? 実はソイエに限らず、ハイテクの機械を使用するにはそれだけのリスクが伴うことを勉強しなければなりません。 毛抜きや市販の鋭いカミソリではきれいに抜くことができないため、ワンランクアップのアイテムとして気軽に入手できる家庭用器ですが、これも基本はピンセットによる細かい処理と何ら変わりがないのです。 本来、弱い皮膚を保護し紫外線から守るなどの働きがあるため、それを除去するということは自然の理に逆うことになります。 これが大変なエレルギーと手間が掛かります。 取り返しのつかないトラブルの原因の多くは、無理矢理ピンセットで「抜くこと」によって生じます。 市販されている器械の多くは、ムダゲを丁寧に「抜く」などの痛みを伴う行為を行うことで、このように異性に肌をきれいに見せるという目的があるのですが、脱毛器はピンセットより自動感知であり、当然皮膚やケ穴に対しての負担が高くなります。 器械により無理に抜いたケ穴の酷いダメージは想像以上に深刻なのです。 一度埋没毛になってしまうと、治るまでにワンシーズンは必要となります。 即効性を求めるために機械での自分の処理を定期的にされる方は、パワーを期待するより、その後の肌トラブルのリスクを考える必要があります。 埋没毛になってしまうと、ムダゲが目立つ以上にお肌のトラブルを作る原因と成りかねません。


このページの先頭へ