埋没毛の原因と治し方

入浴すると取り出しやすくなる

埋没毛とは、体の皮膚の下に潜み、毛穴の中に入ったまま肌の外に出てこない状態です。 誤ったムダの自己処理の失敗により傷つき、肌の表面にかさぶたが出来てしまったり、そこに傷が癒着して塞がります。 そして出口が無くなった時にこれが起こります。 ムダを自己処理する際に、カミソリ・器械などのアイテム処理を使用される方が多いとかなり思います。 しかし、これは次のような時に、埋没毛のトラブルの原因となります。

・カミソリで剃毛・・・深剃りや逆剃りをして傷ついてしまう
・ピンセットで脱く・・・肌の表面や下で何度も切れてしまう
・電気脱毛器・・・流れを無視して引っ張るため途中で切れやすい

やはり、結果このように、途中で切れてしまうことで埋没毛になりやすいのです。 すねは、もっとも目立つ箇所であるため、これは女性が一番気になるパーツですね。 目立つムダを自己処理してしまう可能性が高いためです。 不恰好で太くて固くなりやすいのです。 埋没毛になりやすいと言われています。 このような状態になった場合の治し方については、皮膚の角質を柔らかくすれば自然と外に出て来るようですので、入浴中は身体が芯からこれによって温まります。 これは皮膚の表面が柔らかくなるので、処理で埋まったものをすぐに拭きやすくなります。 皮膚の下にムダが残っているような状態の治し方なら、定番のアカスリやスクラブなどで薄く皮膚の表面を剥がすようにすれば埋没毛を外に出すことができます。

自宅で出来る抑毛ローションが効果的

抑毛ローションという方法がある

埋没毛の手っ取り早い治し方として、市販のアルコールで消毒した細い針で外に出す方がいます。 それによって傷口をさらに悪化させてしまい、炎症を起こしてしまう可能性があります。 埋まったものを放置しておいていつのまにか傷口から攻撃する雑菌が入り、それが毛嚢炎が発生するケースもあります。 赤みがあり腫れているような怪我した状態なら、自己処理をせずに皮膚科へ行くことをお奨めします。 皮膚の下でうずを巻いてしまうものなら、自己処理での治し方は難しいようですね。 このような場合は、医療レーザーの処理を専門に扱っている皮膚科やエステなどで相談するのが良いでしょう。 エステで主流になっているフラッシュ脱毛の処理は、根に直接働きかけるものなのです。 こうした状態の埋没毛の黒いボツボツもきれいにしてくれます。

埋没毛の治し方としては、これはエステに行けば確実で安心です。 これがエステに抵抗があったり金銭的に余裕がない方には、自宅で気軽にできるボトルのローション液がお奨めです。 抑毛ローションに配合されている主な有効成分はイソフラボンですが、ムダを薄くする女性ホルモンに似た働きをするため、抑える効果が期待出来ます。 ローションを朝晩毎日2回塗り、週に1回程度定期的にスクラブでケアをすることです。 皮膚の古い角質を除去しローションとの相乗効果が高まり、埋没毛の対策にも効果的です。


このページの先頭へ