埋没毛についての情報


ピーリングできれいに

ピーリング


抜きっぱなし×

ヒゲ



赤くなったら注意

炎症


抜いた後が大事

原因



早めに治すのが○

治し方


高いのが難点

皮膚科



埋没毛は何度も繰り返す?

どうして繰り返すのか
薄着や水着のおしゃれを楽しみたい季節になると、どうしてもムダ毛のケアが必要となりますね。 ムダ毛の処理は、本来はエステや皮膚科などに相談して、レーザーなどを行うのがお肌に負担を掛けずにきれいに脱毛する方法として最適なのかもしれません。 しかし、レーザーやエステ自体に抵抗がある方、金銭的にも時間的にも余裕がない方が多いのではないでしょうか。 自宅で簡単に自己処理をするのが手っ取り早く、処理後のトラブルなどもきちんと頭に入れているため、毎日のケアをしっかりとされている方もいることでしょう。 それでも、埋没毛が発生するリスクは高いようです。
埋没は、皮膚に傷口を作ることにより、皮膚の表面に傷口や瘡蓋が出来ることで皮膚の下で伸びる状態を言い、誤った自己処理が原因となり発生してしまうことが多いようです。 そして一番怖いのは、一度埋没毛になってしまうと、「治るまでに時間が掛かる」、また「何度も繰り返してしまう」ことになります。 簡単な処置として、消毒した針やピンセットで、埋まったのを皮膚の外に出す方法があります。 しかし、こんなことを何度も繰り返していると、常に皮膚に傷口がある状態になり→瘡蓋を作る→まいぼつを繰り返す原因となるのです。

レーザーによる埋没毛の治療

レーザーは慎重に
一度埋没毛が出来てしまうと、皮膚の表面の黒いボツボツが目立ち、スベスベな美肌から縁遠くなってしまいます。 ムダ毛を処理しないよりも深刻な肌のアフターケアのトラブルとなるようです。 このような結果になってはじめて、エステや皮膚科へ相談に行く方も多いですね。 埋没毛をはじめとした肌トラブルが深刻化して、エステが駆け込み寺となることも多いようです。 エステとは、永久脱毛を目的とした施術を行います。 永久と言うと一昔前は針によるものでしたが、最近では治療法も進化し、肌に出来るだけ負担を掛けずに行う施術方が開発されています。 最近のエステはレーザーが主流で、掛かる時間やコスト、トラブルなどを 最も低減した施術方法となっています。 一般的に脱毛のみに対応しているイメージがありますが、埋没毛の治療にも使用されています。 医療用のレーザーの特徴は、皮膚そのものに傷を付けず、根本のメラニン指色素に反応しダメージを与えることにより処理が出来るので、皮膚下に埋もれている埋没毛にも効果的なのです。

しかし、こんな口コミもありました。
エステで、光のフラッシュやレーザーの施術後に、通常なら焼けたものは老廃物として皮膚の外に排出されるのですが、先に毛穴の方が熱による火傷で癒着して外で出ないまま皮膚の中に残ってしまう、、、と言ったトラブルです。 しかし、この埋没毛をこのやり方で除去するにはレーザーを何度か照射すると排出されるようです。 レーザーは医療行為ですので、専門エステ、皮膚科や美容外科などの医療施設にご相談することをお奨めします。

このページの先頭へ